スポンサーリンク

住宅ローンを組むには信用力が重要

不動産
kyoko
kyoko

今日は公的ローンを借りるには
信用力が問われるという話よ

ということは萬田金融で借りている人は
信用がないということか

ヨシオ
ヨシオ
kyoko
kyoko

まるで信用が無い人しか出てこないわ
萬田はんのこと逆に尊敬しちゃう

「借りた金は返す、それがルールとちゃいまっか」
というのは、立ち直させるための教育だったんだね

ヨシオ
ヨシオ
kyoko
kyoko

違うと思う
たぶん脅迫

住宅ローンを使って家を買いたいと考えている方へ
あなたの信用力は大丈夫ですか

信用力とだけ聞いてもよくわからないと思いますので、住宅ローンの融資条件そして
それに関する信用力について具体的に話していきます。

住宅ローンには民間金融機関以外に財形住宅融資フラット35があります。

財形住宅融資とは

会社員の方が財形貯蓄(一般財形貯蓄、財形住宅貯蓄、財形年金貯蓄)を行っている場合、条件を満たしていれば融資を受けることができる公的ローンです。

フラット35とは

民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する最長35年の全期間固定金利住宅ローンです。

住宅金融支援機構は独立行政法人です。簡単に言えば国が行っている事業です
以前は住宅金融公庫と言っていました。

フラット35の融資条件

完済時年齢79歳まで
借入時年齢70歳未満
年収に対する返済額年収 400万未満→30%以下
   400万以上→35%以下
適用金利固定金利(融資実行日の金利が適用)
融資金額最高 8000万円

資金使途
本人又は親族が住むための住宅の建設・購入資金
対象住宅一戸建て・・・床面積70㎡以上
マンション・・・床面積30㎡以上
その他保証人・保証料不要

フラット35には概ね以上の条件があり、当てはまれば融資条件の対象となり、低金利で住宅ローンが借入出来ます。

【フラット35】金利情報 ※2020年5月現在
返済期間 15年20年 21年35年
金利の範囲 1.230%~
1.960%
1.300%~
2.030%
最頻金利 1.230 1.300

融資を受けるには審査が必要

事前審査と本審査の2段階になっています。

事前審査に承認されると本審査に移ります。
逆に言えば事前審査を通過できない方は融資が受けられないことになります。

審査基準は金融機関によって若干違いがありますが、アンケートによると主な基準は以下となります。

「完済時年齢」「健康状態」「担保評価」「借入時年齢」
「年収」「勤続年数」「連帯保証」「信用力」など

この中から重要な項目について具体例をあげています。

「返済負担率」OKのパターン

年収 400万以下なら 30%まで

年収 400万円以上なら 35%まで

Aさん 30歳 会社員 勤続年数5年
年収 400万円

400万円なら30%の120万円までが融資可能です。

この120万円を月に割ると1か月10万円になります。

3000万円の融資を受けたいと考えると

35年ローンで 元利均等返済 金利1.3%なら
月約8万9000円の支払いになります。ローン計算→クイック・シミュレーション

Aさんの融資可能額は10万円

10万円 > 8万9000円

これならば融資条件にあてまりAさんは住宅ローンを借入れることができます。

「返済負担率」NGのパターン

Aさんには車のローンや、リボ払いなど月に2万円の支払いがありま

この2万円も借入総額に入ります。

10万円 < 10万9000円(8万9000円+2万円)

同じ条件ならば 融資可能額は10万円までなので

融資基準をオーバーしていてこれでは審査に落ちてしまうことになります。

Aさんが審査条件に受かるには
今ある借入金を返す
3000万の融資額を減らす(頭金を用意する)
(2500万にすると月々7万5000円になります。)
ペアローンや親子ローンを利用する。
などして返済負担率を低くしてください。

信用力

お金を借入れる時には必ず審査される項目です。
審査項目の中で一番重要といってもいいでしょう。

Aさんには現在ローンはありません。
ところがAさんは以前にクレジットカードの延滞がありました。
お金がない訳ではなくうっかり入金するのを忘れてしまいました。

このことが信用力につながります。

信用情報

信用情報とは、私たちがクレジットカードやローンなどを利用した際の契約内容や、利用情報・返済情報、利用残高などに関する情報が記録されているものです。きちんと支払いができずに延滞してしまった情報や、自己破産や任意整理等の事実も記録されます。いわゆるブラックリストになります。

クレジット会社やローン会社は、新たにクレジットやローンの利用申し込みがあった場合は、私たちの「信用力」を判断するための参考情報として、この信用情報を確認します。

住宅ローンの審査の際も、当然に信用情報を確認されます。

よくあるパターン

  • 携帯電話の割賦契約の延滞
  • 公共料金や会費などの支払いにクレジットカードを利用し残高不足になった

あなたには上記のようなケースはありませんか?
この信用情報は一定期間記録・保管されます。

一度でもあると審査に通らないのか

信用情報は、通常、直近2年分の取引情報が記載されています。
年に2回程度延滞の記録があると厳しいといわれています。この情報は毎月更新されてますので、延滞した後2年間正常に取引していれば、信用情報はきれいになります。
自己破産や任意整理等の場合は、5年から7年程度、新たな取引はできないといわれています。

以前に住宅ローン審査に落ちた方はこの信用情報に思いあたりませんか

住宅ローンを借りたい方は

住宅ローンを借りたいと考えている方は自分の信用力について確認してください
借入金があれば、ローンの申請時には完済して、審査に望んでください。
住宅ローンは長期にわたります。人生最大の買い物でもあります。
計画を立てて行ってください。

ヨシオ
ヨシオ

キョウコの信用力は大丈夫なのか?

 ま、私ぐらいになると信用力さえ必要がないわ

kyoko
kyoko
ヨシオ
ヨシオ

どういうこと?

家なんか現金一括払いだしね

kyoko
kyoko
ヨシオ
ヨシオ

おおっ!この家か?

ヨシオの家

kyoko
kyoko
ヨシオ
ヨシオ

それは犬小屋ね

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました