スポンサーリンク

コロナ治療薬「レムデシビル」に期待

金融
kyoko
kyoko

記事を更新しました。

レムデシビルを特例承認! 

厚労省、レムデシビルを特例承認 コロナ治療薬で初
厚生労働省は7日、新型コロナウイルスの治療薬として、エボラ出血熱の治療薬「レムデシビル」を薬事承認した。7日、有識者らによる審議会で議論が行われ、特例承認された…
kyoko
kyoko


治療薬の開発はもっとかかると思ったけど意外に早かったわね

レムデシビルを開発したギリアド・サイエンシズ社が
昼夜を問わず全力で研究した成果らしいよ

ヨシオ
ヨシオ
kyoko
kyoko

よし私も全力でギリアドの株を買うわ

そっち?

ヨシオ
ヨシオ

新型コロナウィルスの治療薬として、ギリアド・サイエンシズ社のレムデシビルに期待が高まっています。
レムデシビルは元々はエボラ出血熱の治療薬の候補としてこれまで他の臨床試験で使用されていた薬剤です。
今日は「レムデシビル」と開発したギリアド・サイエンシズ社の概要・株価・決算内容をみていきます。

kyoko
kyoko

どんな会社?

ギリアド・サイエンシズ(英: Gilead Sciences)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州フォスターシティに本社を置く、世界第2位の大手バイオ製薬会社です。治療薬の発見、開発と商品化を行っており、1987年の創業以来、HIVB型肝炎C型肝炎インフルエンザといった感染症治療のための抗ウイルス剤開発を事業の中心としています。

現在もコンゴ民主共和国で流行が続いているエボラ出血熱の症例に対して、ランダム化比較試験という形でレムデシビルが投与されていましたが、他の薬剤のほうが効果があるということで現在はエボラ出血熱への投与は中止されています。

そんな中、このレムデシビルが新型コロナウイルス感染症に有効である可能性が出てきました。

ギリアド・サイエンシズ社では

ギリアド・サイエンシズ社のレムデシビルは国立アレルギー・感染症研究所の臨床試験により、5日間の投与で症状が改善することがわかりました。ギリアド・サイエンシズ社はエボラなどの出血熱やSARSの研究を10年以上続けており、今回の新型コロナの出現により、その技術を用いた治療薬の完成を今年の1月から昼夜を問わず続けていたようです。
この薬を投与すると、疾病期間が短縮できます。また臨床実験では重症患者の68%に効果が認められました。また供給については現在10日間の投与で計算すると14万人に対応できる生産能力があるそうです。

その後さらに397人の患者を対象に臨床試験(治験)を行い、投与初日から14日目の状況を調べました。5日間投与したグループでは60%の患者が退院し、10日間の投与では52%が退院しました。
また、症状が出てから10日以内に投与されたグループの方が、それより後に投与されたグループに比べ、症状が改善したケースが多かったというデータがあります。

ヨシオ
ヨシオ

ギリアド・サイエンシズ社は上場しているの?

もちろん

kyoko
kyoko

ギリアド・サイエンシズ社はアメリカのナスダック市場に上場しています。
日本でもネット証券から株を買うことができます。
証券コード:GILD  銘柄名:ギリアド・サイエンシズ

効果的な治療への進展のニュースを受けて、4月29日には15%近く急上昇しました。

4月30日時点での株価とチャートです。

株価:84.0ドル 

決 算 発 表

4月30日にギリアドサイエンシズ(GILD)は2020年第1四半期の決算発表がありました。


売上高

55億5000万ドル前年同期比 5.0%増
1 株当たり利益1.68ドル前年と変わらず
権利落日20/06/11
現在の株価84.0ドル2020.4.30
配当利回り3.27%

 第一四半期決算は、売上高が5%拡大する一方、レムデシビルの開発コストなどがかさみ、利益は前年同期とほぼ同水準にとどまりました。売上高は55億5000万ドルで、調整後の1株利益は1.68ドルとなりました。

1年間のチャートです。2020年になってからは29.27%、1年間では34.50%のリターンとなっています。

楽天証券より

ただし、今後ギリアドサイエンシズ社は新しい治療薬に10億ドルを費やす可能性があり会社がどれだけの収益を生み出すと期待しているかは、別の問題であると楽天証券は述べています。

CEOのオデイ氏は、「地球の歴史で今のような時期はかつてない。世界の患者に治療薬を提供し、当社と株主にとっても持続可能なようにそれをどのように行うかをじっくり考える必要があるという以外、ルールブックはない。それは分かっている」と述べています。

日本5月に承認か

日本でも「レムデシビルの『特例承認』に向けて作業を進めている」との報道がありました。
海外での承認を条件に審査手続きを簡略化する「特例承認」を適用する方針です。早ければ5月中に使用が始まる可能性があると厚生省は述べています。

新型コロナ治療薬「レムデシビル」 重症者へ無償提供へ 厚労省、承認後 - 毎日新聞
 新型コロナウイルス感染症で国内最初の治療薬候補「レムデシビル」について、厚生労働省は、薬事承認後の一定期間は公的医療保険を使わず、製薬会社から提供された薬を無償で重症患者に分配する方針を固めた。提供量が少ない可能性もあり、国内の流通を公的に管理し、重症患者を治療する医療機関に分配する。

感染者数を抑えることも大事ですが、「レムデシビル」を服用することで治療できる患者数を大幅に増やすことが出来ればと願います。
そして、世界の人々を救ってくれる治療薬になることを期待します。

kyoko
kyoko

レムデシビルは重篤患者に効くらしいのでちょっと安心したわ

確かに キョウコも高齢だからね

ヨシオ
ヨシオ
kyoko
kyoko

そうね、もう来年60才だから
ってなんでやねーん! もっと若いわ

見事なノリツッコミありがとうございました

ヨシオ
ヨシオ
kyoko
kyoko

今日はおやつなしね

ごめんちゃい

ヨシオ
ヨシオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました